パリ〜ブリュッセル【タリス チケット予約】円表示の日本語サイトで!

タリスは「全席指定」なので、日本で予約するのが正解です。

 

赤い車体」と形容されるタリスですが、実際には、ちょっと茶色が入った感じでしょうか。

 

それはともかく、パリ〜ブリュッセル間は1日最大23往復という、言ってみれば、タリスにとってのドル箱路線となっています(「ユーロ箱」というべきか・・・でも、ちょっとヘン)。

 

ヨーロッパの他の高速鉄道と同じように、タリスも全席指定です。また、乗車日の90日前からチケット予約が可能です。

 

あなたがいま日本にいらっしゃるのであれば、日本にいるあいだにチケット予約しておくことをおすすめします

 

というのも、早めに予約すると割引が効きますし、また、タリスのチケットは当日までのあいだに売り切れになることが多いので、その意味でも、より早めに確保しておきたいわけです。

 

 

当サイトでご紹介しているレイルヨーロッパを利用すると、タリスの「包括運賃チケット」を予約購入できます。

 

「包括運賃チケット」とは、つまり、「乗車券」と「座席指定券」をセットにしたものです。これがあれば、現地でなにかを追加購入する必要はありません

 

 

また、現地でチケット購入するのと違い、レイルヨーロッパは日本語表記のサイトですし、また、チケット価格は日本円表示です。安心して予約購入できますよ。

 

レイルヨーロッパは、ヨーロッパの鉄道旅行を愛する方々のあいだでは、ごく当たり前な、「いつでも手軽に利用する道具」といった感覚で愛用されている予約サイトです。

 

ヨーロッパが初めての方も、経験豊富な方も、みなさん利用されていますよ。

 

 

> タリスは90日前から予約可能。満席になる前に!

 

(※)チケット検索で、たとえば、パリを入力する場合、「パリ」でも「Paris」でもどちらもOKです。これって、けっこうすごいですよね。
(※)チケット購入価格が表示されるまでにやや時間がかかることがありますが、これは、リアルタイムで空席状況を確認しているためです。


【PR】医療英語 医学英語|医療用語の英語 ヴィトゥレ ヴィトレ ファーストワイズ オールジュエリー 株式会社ミトヨフーズ 資格スクエア 浜海道オンラインショップ BBTオンライン ベストワンクルーズ ヨヤクトル 三青鹿けいばの感想